容量無制限!? 【Googleフォト】無料で写真や動画を保存できるクラウドサービス

学生
この記事は約4分で読めます。
<br>

写真や動画を撮りすぎて、スマホの容量が心配だという方はいませんか?僕はそんな方にGoogleフォトをオススメしています!

Googleフォトについて

Googleフォトとは、その名の通りGoogleが提供するクラウドストレージサービスです。

オンライン上で写真や動画を管理することで、スマホ本体のストレージ容量の節約に役立ったり、機種変の際の心配もなくなります

では、3つの魅力的なポイントについて解説していきます!

その1『無制限に保存ができる!』

なんといってもこれがGoogleフォトの一番の魅力ですね!

無料で無制限にクラウドが使えるサービスはそう多くはありません。

オンラインストレージサービスで有名なものといえばiCloudやAmazon Drive、Dropboxなどがありますが容量制限があり、たくさん保存するには料金がかかってきます。

ただ、Googleフォトだとファイルが圧縮され、画質が悪くなるという心配をされる方も多いと思います。確かに、色々と調べていると少しの劣化が確認されているようですね。

個人的には全く気にならない程度だったので、ありがたく利用させていただいています!

Google公式サイトによると、保存できるファイルのサイズは写真だと最大1600万画素、1080pHDの動画とのことでした。

ちなみに現在の最新のスマホ(iPhone11 Pro)のカメラは1200万画素だそうです。

かなり綺麗な画質で保存することができますね!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: phonto-2.jpg

無料で利用する場合には、「フォトの設定」→「アップロードサイズ」とクリックし、「高画質」の方を選びます!

どうしても「元のサイズ」で保存したい場合は、足りない分のGoogleのクラウドストレージを新たに購入していく必要があります。

その2『複数デバイスからのアクセスが可能!』

写真はインターネットを経由してクラウドで管理されるため、スマホやパソコンなどのネットにつながるデバイス上で閲覧、保存が可能になります。

スマホにある画像を使ってPC上で資料作成などをされる場合は、大変スムーズにファイルの利用ができますね!

また、友人や家族と写真を共有する機能などもあり大変便利です。

その3『過去の写真を振り返る機能の充実!』

ワード検索

Googleフォト内に保存されている写真や動画の中から「検索した単語」にふさわしい写真を過去に遡って表示してくれます。

例えば「ラーメン」と検索してみると、、、

僕が過去に食べたラーメンの画像が表示されますね!🍜

この辺りは、豊富な画像データを持つGoogleの得意分野なのではないでしょうか。

ブログを始めてからは特にこの機能を重宝するようになりました。都市名、書類、スポーツといった単語で検索しても出てきました!

人物検索

Googleフォトは、写真に写り込んだ人間を一人一人認識します。

それをもとに、フォルダ内の知り合いリストのような物が作られます。そこに名前を登録することで名前で検索するとすぐにその人の写真が表示されるようになるのです!

機械学習が進んだおかげで可能になった少し怖い機能?ですね(笑)

地図上での検索

個人的にこの機能がとても気に入っています。

写真を撮った位置のGPS情報を利用して、世界地図上に過去に行った地域を表示してくれます。

例えば僕だとこんな感じになります!

サッカーのヒートマップみたいで面白いですよね

行った地域、行ってない地域がひと目でわかるので旅行先を選ぶ参考にもなるかもしれないですね!

コロナが落ち着いたら東北地方や北海道あたりに足を伸ばして見たいですね✈️

まとめ

Googleフォトについては以上になります。

僕も始めはiCloudに料金を払っていましたが、50GBから200GBの写真を管理するだけで月400円かかってしまいます。

400円×12ヶ月×何十年、、これをずっと払い続けると考えると恐ろしいですよね

一方、無料無制限のGoogleフォトでは写真のバックアップ目的だけでなく、利便性にも優れているので使っていない人はすぐに利用してみる価値はあると思います。

では、また次回の記事で!

コメント